前へ
次へ

20代で転職がうまくいくための要点

20代に限定した社員募集は採用要件が非常に広いものが少なくありません。現職でビジネスを介して習得した工夫やスキルがフィットすれば、まだ発揮されていないパワーを見て雇用されるかもしれません。こういう社員募集は一般的に考えられている以上に多くありますが、同一の採用枠には30代オーバーのスキルがある人も応募するケースもあります。ビジネスへのスタイルが似ていた場合、会社は即戦力的に成長する30代に決めることだってあります。新卒より広範囲に及ぶ人材が競合者になることは意識しておきましょう。20代で転職がうまくいくためのポイントとして、キャリア変更の目的を明らかにすることがあります。 転職を行なって何を現実化したいのかという目的がなくては、ただ単にそれとなく環境を差しかえるだけになり、前と同じように転職を考えるケースもあります。目的を確固たるものにしてキャリアアップすることが重要になります。20代に関しては30代以降と見比べてみてキャリアチェンジしやすいと評されています。これまでの仕事に近くても、経験がない状態でも、職場内容が違えばキャリアチェンジです。 一例として、営業で一生懸命に取り組んできた女性の方が20代後半となってワークライフバランスを考え営業経験に沿って営業事務へキャリアチェンジという人もいます。反対に営業事務のキャリアを活かして、営業職にチェンジした人もいます。

キャリアチェンジのケースでは、ライフサイクルをウィークエンド休みにしたいケースや、専門知識を習得したい場合、一人で成果が出せるようになりたい場合など、目的が1つではない確率が高いです。目的を1つに絞らずとも、そのような中でどれを自らが特にかなえたいかをはっきりと優先度をつけることが重要になります。その状況の下で、どういう理由で自身がキャリアチェンジしたいのか明確化していきます。明確化できれば、自身の目指すべき方向がはっきりとしてきます。

Page Top